小論

 お薦め

算数のできない人が作った裁判員制度

「バカの壁」を読めばバカになる
 (「正論」 04年5月号掲載)

 お薦め 村上ファンド事件
カネを儲けてなにが悪い?

藤原正彦の品格

電磁波恐怖商法 / 朝日の「声」、書き換え /
強度偽装事件


     随想 

   ネコと音楽と

猫の家族
ポチの死
忠猫 ポチ
猫はなぜ遊ぶ
雌猫の勇気

オーディオマニア
女声の「詩人の恋」
無表情の面白さ
ネコは人をからかう
アファナシエフ
ネコは言葉を理解?

ネコの風景
父が買ってくれたLP
猫の自尊心
ホロヴィッツの来日
ネコにもうつ病?

 

 
最近の主なコラム


安心とは妄想なり
「顔」
ポストトゥルース
トランプ騒動
トランプ革命
対立を好むメディア
左翼・右翼は対立概念か
バカな政党、バカなメディア
朝日の没落
恐怖の民主主義
法の有害性
暗黙のカルテル
メディア内言論統制
豊洲に危険はない
日弁連が死刑廃止宣言
携帯電話会社の儲け過ぎ
主義主張が目を曇らせる
大金を払って動物を殺す人間
メディアの付和雷同
大学教育の意味
嘘つき新聞は健在?
マスコミの選挙責任
一か八かの都知事選挙
防衛に反対する国
裁判員制度の自己目的化
国民投票という愚かな選択
都知事と武士道
賢いのかアホなのか
言わなきゃいいのに
米大統領の広島訪問
都知事選挙と情報
嘘つきのコスト
自分を偉大と勘違い?…瀬戸内寂聴氏の場合
「家族という病」…自分は偉大だと勘違い?
権力監視か客観報道か
9条の危険な副作用
文春の編集者はがん検診を受けるのか
携帯電話料金と競争
米国の内部変化に注目
福島原発事故7つの謎
暴走裁判官、原発差し止め
自国民への歴史的不信感
死人に口なし
清原容疑者逮捕の意味
信条により学長解任
審議拒否とストライキ
バス事故報道への疑問
愚者は経験に学び・・・
一流紙の二流広告
夢見る人、国内編
夢見る人、ドイツ人
憲法学者の非常識
号泣会見の代償
個と全体
犯罪を助長するテレ朝
NHKオムニバス
日本は危険な国家?
レッテルの威力
若者の政治行動は危険
政教分離と憲法20条
司法改革への疑惑
特別な関係
良心のない人
たいてい慣れる
明るいニュース
新聞が扇動者
お薦め
スローガンの力
国敗れて憲法あり
百田発言の背景
選挙権年齢の引下げ
現代の精神論
文明と野蛮
元寇と抑止力
朝日の変節?
旗印と下心
毎日新聞の後始末法
福井地裁が原発差し止め
親に責任なし、子供のボール蹴り
宗教と教育
増幅装置
裁判員の死刑判決 破棄
宗教とテロリズム
イスラム国の異様さ
暗い顔の威力
宗教の怖さ
宗教はアヘンか
無識者会議
ピケティ旋風
パワーシフト理論と日中戦争
嘘とモラル
子供の声は騒音?
神社よりシェルターを
朝日の謝罪は信用できる?
対立と不信を煽る戦略
朝日新聞、墓穴を掘る?
お薦め
赦すという価値の喪失
最高裁、裁判員裁判の判決を否定
DNA訴訟・・・最高裁の信頼度
裁判員制度、馬脚を露す
筋違いの反対論
幼児を救った猫
不偏不党の朝日新聞
お薦め
「しゃーないなぁー」
朝日新聞の凋落
即時抗告は鬼畜の所業?
袴田事件・・・誰も責任を負わない不思議
言論の自由と言うけれど
宗教と思想と妄想
左翼メディアの硬直化現象
お薦め
真面目という悪徳
朝日の欺瞞
血祭り
情報操作
嫉妬
朝日のエリート
伝統と前例踏襲
GDPで計れないもの
お薦め
子供を洗脳する罪・・・はだしのゲン騒動
お薦め
朝日の主筆、韓国へ天下り
政治のプロ
建前と本音と偽善
嘘があたりまえの世界
お薦め
クソ真面目の罪
健康食品サプリのウソホント
少額投資非課税制度は誰のため?
繁栄と少子化
司法制度改革審議会の罪状
猫はパンのみにて生きるにあらず
お薦め
念仏平和主義
自己評価の低さは日本が最高
マスメディアの集団職務放棄
暗い出来事が大好き
困った人の発信力
自殺したが落ち度はない・・・小役人の弁明
NHKは地震アレルギー?
所得額の4倍課税する不思議
防衛力を削減せよと朝日新聞
経済学と政治学の「効能」
お薦め
猫の家族
社会貢献度と所得の関係
民主政権 152人の大臣を大量生産
中国報道の罪
クソ真面目人間と原発事故
ノイジーマイノリティ
平和論が平和を脅かす
「卑怯」はもはや死語か?
9条が平和を脅かす
弁護士大増員という大失敗
お薦め
原発・戦争とヒューリスティックス
お薦め
卑屈と傲慢・・・朝日新聞の姿勢
平穏な日常の価値
ケインズの予言
本当は明るい日本
お薦め
詭弁と二項対立と教育
「全員死に至るまで抵抗せよ」
"絆"という言葉の不快感
複雑化は利益の源泉、けれど迷惑
朝日新聞は性悪説?
猫と方丈記
お薦め
自転車は車両に区分すべきか
政治家の顔
顔は口ほどにものを言う
チャーチル「第二次世界大戦」
集団の狂気と老人の美徳
罪なき者、オリンパスに石を投げよ
アメリカのデモ騒動の行方
格差を願う心
お薦め
性善説と性悪説を反面教師に
偽善者
究極のクールビズ・・・南方熊楠
お薦め
理念を優先すると原理主義になる
B級政権はB級マスコミから生まれる
思想と性格の関係
ペテン師と嘘つきの見苦しい対決
正義論の流行と新自由主義の退潮
老人達の合理精神
大震災に見る神のプロパティ
お薦め
安全と親交と満腹感
NHKの存在理由
教師労働者論の罪
嫉妬と公平さ
アメリカン・デモクラシーの逆説・・・書評
大事なことがいい加減に決まる?
メディアは中国の軍事的脅威を正しく伝えてきたか
お薦め
抽象化の落とし穴
お薦め
ある少女の延命拒否
思想は虚構に過ぎない
お薦め
来て見れば聞くより低し・・・
お薦め
思想の毒
民主党の歪んだ構造
お薦め
「鳩の恩返し」
新聞が作る「現代の迷信」
バブル本の被害者
特攻と新聞
お薦め
衣食足りて「退屈」を知る
「共感の時代へ」 フランス・ドゥ・ヴァール著
私の辞書に恥という言葉はない
もうひとつの豊かさの基準
テレビと選挙制度が生んだ無能政権
お薦め
消費者は王様、売る人は奴隷
弁護士は多ければよいのか?
「タダ乗り」を目指す若者たち
流言は智者に止まる
科学への不信感
反対できない自殺
高学歴社会の落とし穴
「文は人なり」
お薦め
ばれるまで黙っていよう、贈与税
お薦め
誰も触れたがらない大事なこと
顕示的消費とユニクロ現象
終末期医療と安楽死
安楽死に殺人罪を適用すべきか
お薦め
視聴者を安心させないで
お薦め
マスコミが幸福感を蝕む
仕分け人の態度と監獄実験
お薦め
砂上の楼閣
新聞の科学リテラシー
お薦め
「申告漏れ」という軽さ
他人を判断する基準
ダーウィンと神とイモムシ
新聞が生む誤解・・・年収と進学率
謙虚と傲慢
がん検診無効論の危険性
「街の声」の欺瞞
お薦め
科学技術は役立たず、環境を壊すという教育
社会ダーウィニズム
処刑の方法
宗教は妄想である
お薦め
厳罰化とマスコミ報道
お薦め
NHKクロ現の不可解な論理
痴漢事件、罪と罰の不釣合い
お薦め
検察の理系音痴を暴露した高裁判決・・・東京女子医大事件
合成の誤謬
般若心経解説本673点出版の意味
社会貢献度と所得の関係
競争社会もたらすもの
Bクラスの人はCクラスの人を採用したがる
民主主義信仰
ソーカル事件の教訓・・・裸の王様は生きている?
野生動物を殴り殺し、感謝して食う・・・京大卒猟師を朝日が紹介
朝食を食べると成績がよくなる?
聖職の碑・・・木曾駒ヶ岳大量遭難の跡
「卑怯」という感覚の衰退
テレ朝・スーパーモーニングの恥ずべき商法
朝日記事の信頼度が最も低い理由
ドリオンの薬・・・自殺用常備薬
お薦め
フル電動自転車の公道使用を認めよ
合理主義のオランダと建前・形式の日本・・・自殺における違い
ALS 延命措置を推進する事情
お薦め
医療崩壊を推進するマスコミ報道
誰のための「ゆとり教育」であったのか

    コラム全目次


  プロフィール

 HOME

 読んで ムカつく
  噛みつき評論

  悪口を言うより褒める方が良いに決まっている
けれど面白いのはやっぱり悪口のほう

 

 下のコラムは概ね月曜日に更新しており ましたが、
今後は不定期の更新といたします。

 



 
           アクセスカウンター
         

 

                                                                     2017/04/17

戦争危機の過少報道

 米国と北朝鮮の間で緊張が高まって、一触即発の危機にあるとも言われています。双方の代表であるトランプ大統領と金正恩第一書記、いずれも何をするかわからない人物であることが危機を予測困難にしています。戦争が起きる確率など計算しようがないというわけです。確率が不明であるが、その結果が極めて重大であるとき、できる限りの準備をするのが当然です。

 M8以上の南海トラフ大地震が起きる確率は今後30年以内に60~70%、今後10年以内に20%程度とされています。つまり大雑把に言うと、ここ10年間は1年あたり2%程度の確率と考えてよいでしょう。それでも地震への準備は進められています。98%起きなくても、起きた時の重大さを考えれば2%でも準備するのが当然です。

 北朝鮮はやがて米国を核攻撃する手段を持つようになるとされています。米国はそれまでにその脅威を取り除く意志がある筈です。中国からの圧力が成功しなかった場合、単独での軍事攻撃に踏み切る可能性が低いとは言えないでしょう。先延ばしは北朝鮮の攻撃能力を高め、米国だけでなく韓国や日本の安全をさらに脅かします。

 一方、米国が主導する政権が北朝鮮にできるのを嫌って中国が先に北朝鮮を攻撃する可能性もないとは言えないと思います。中国が北京−平壌間の国際定期便の一時停止し、北朝鮮との国境に中国軍が終結しているとの報道もあります。今後どうなるか、予測は全く困難です。

 つまり日本が戦争に巻き込まれる可能性は無視できるほど低いとはとても言えないわけです。しかし一部を除けば、多くのメディアは戦争の可能性をあまり伝えていません。とくに左派メディアはその傾向が強いと感じます。この時期にスケート選手の引退報道を2日間トップニュースで報道した姿勢は理解に苦しみます。朝日・毎日は北朝鮮関連のニュースをあまり載せず、多く載せている産経と対照的です。

 護憲を主張するメディアは憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」を金科玉条のごとく扱ってきました。日本を攻撃する諸国民の不公正と不正義などあってはならないのではないでしょう。こんな国が存在すれば憲法前文や9条の存在が危うくなります。自衛隊の予算拡大に反対することも困難になります。

 このような体質は攻撃される危機を出来るだけ小さく見せようという傾向を生じます。しかし攻撃の可能性がないという根拠もなく、また攻撃を受ける確率が計算不可能である以上、注意を喚起すべきなのは当然です。意図的に危機を過少に報道することは国民に対する重大な背信行為であり、国民を必要以上に危険にさらすことになります。国民の安全より党派的な主張を優先するバカげた行為です。

 危機を報じてそれが杞憂に終わったとしても、適切に伝えずに危機を拡大してしまうよりはマシです。北朝鮮のミサイルに備えて避難訓練をしているのは私の知る限り秋田県男鹿市だけです。株価も日本が戦争の影響を受けるという地政学リスクが織り込まれて影響を受けているようです。漫然と報道を見ているだけでは戦争の危機などほとんど感じられません。これが実態を正確に反映したものであればいいのですが。

                                                             2017/04/03

時代錯誤

 3月20日、時代錯誤が疑われる人、森友学園の籠池氏は自宅に野党4党を招待されました。首を並べて参加されたのは共産党:小池晃、民進党:今井雅人、社民党:福島瑞穂、自由党:森裕子の各氏だそうです。いずれも各党の幹部で、力の入れようがわかります。

 教育勅語を教えるような右翼の学園主宰者に共産党や社民党が「応援」に行くのはなんとも不思議な光景です。招待する方もされる方も、節操なきことこの上なし、です。まあそんなことよりもお互いに現実の利益と党利が何よりも大切なのでしょうけれど。

 ところで国会は政策を議論する場だと思いますが、その機能を籠池問題に費す野党の目的は果たして何なのでしょうか。安倍政権を倒して野党政権を樹立するのが最終の目標だと思いますが、小池晃政権や福島瑞穂政権、蓮舫政権などを期待する国民がどれだけいるのでしょうか。鳩山政権で散々な目に遭っているわけで、期待するのは北朝鮮と中国くらいではないでしょうか。

 国会の場で政府の疑惑を追及するのはかまいませんが、野党がしつこくやりすぎては国会の本来の機能を奪ってしまいます。この問題は国会の機能を独占するほど重要なものではないにもかかわらず、とくに左派メディアが大きく報道しています。それは安倍政権の足を引っ張る効果があるからでしょう。その大報道を重要問題だと野党が勘違いして、しつこくやりすぎればればやがて野党は国民から嫌われてしまうことでしょう。

 ところで、安倍昭恵氏から100万円の寄付を受領したという籠池氏の発言を朝日はその真偽も確かめず、朝刊の一面トップに載せました。その一方、それを否定した安倍氏側の発表は夕刊最下部のベタ記事でした。この扱いのひどい差によって印象は大きく影響されます。どちらが嘘をついているかわからない段階でこんな扱いはないでしょう。右翼の籠池氏側に立つのも野党と同じです。これが「不偏不党の地に立って…」と綱領に謳う朝日の真の姿でしょうか。

 以前から現在まで朝日など左翼メディアは野党と同様、自民党政権の打倒を目標にしてきた観があります。しかし国民の大多数は蓮舫政権や小池晃政権を望んでいないと思われます。それは低迷する政党支持率を見れば明白です。左翼メディアにしろ野党にしろ自民党政権を倒すという目標は見えるのですが、そのあとのビジョンが私にはどうも見えてきません。

 現実的な将来ビジョンを提示し、それを実現する政策を示すという政党本来の機能が明確でありません。だからなんでも反対の野党と揶揄されるのでしょう。民主党政権は、政府批判だけに安住してきた野党が左派メディアの協力によって偶然政権を得たものであり、その失敗は必然的だと言えます。初めから政権を運用する能力備えていなかったわけです。なんでも反対の野党と左派メディアが共存するという「ビジネスモデル」は過去のものになりつつあるようです。この旧秩序にしがみつくのもまた時代錯誤と言えるでしょう。

                                                                           2017/03/20

安心とは妄想なり

 築地市場の土壌汚染が明らかになったことに対し、小池都知事は「コンクリートやアスファルトで覆われており、土壌汚染対策法などの法令上の問題もない」「人の健康に影響を与えることはない」とおっしゃったそうです。ではコンクリートやアスファルトで覆われた豊洲市場はなぜ安全でないのか、という疑問は当然です。

 高木啓幹事長は報道陣に対し、「豊洲では(有害物質が検出された)地下水の使用は全く想定されていない。豊洲についても科学的知見をベースに判断するべきだ」と述べたそうです。全くその通りで、都の専門家会議や他の科学的な評価もほぼ一致しています。さらに築地の方はクリーニング工場跡地とされ、有機塩素系溶剤の汚染が考えられますが、多分、これはベンゼンなんかよりずっと恐ろしい。

 ところが小池都知事は豊洲市場では「安心」が得られていないとの理由で移転を認めようとしていません。科学的な評価では安全であっても「安心」でないから移転はしないということらしいです。科学的・合理的な安全ではなく、不安という妄想によって政策が決定されていいのでしょうか。

 メディアは大袈裟に報道するのが常です。読者・視聴者を不安にさせる報道についてはとりわけ顕著です。不安は読者・視聴者を関心を引き、視聴率を上げます。所沢のダイオキシン騒動はテレ朝がちょっと不安を煽り過ぎただけです。その結果、神経過敏な人や見識のない人の一部は過剰な不安に陥ります。彼らの多くは科学的な説明が通じません。これが都知事のいう「不安」と呼ばれるものでしょう。

 不安は報道の副作用ともいうべきものですが、それを作り上げた主犯はメディアです。したがってメディアはその妄想を解消する責任がある筈です。しかし不安が自らの産物であるという意識は感じられず、悪いのはいつも事業者などです。不安は不合理である点で妄想や迷信と同じであり、それを解消する努力もせず、当然の事実として政策に反映させることは問題の解決を誤ります。

 豊洲移転が遅れることはだれの利益にもならず、それによって生じる費用を都民が払わせられるだけのことでしょう。都議会は豊洲移転の過去の経緯を掘り起こすの熱心ですが、あまり意味があるとは思えません。

 メディアと政治は科学的なわかりやすい説明をして、不安という妄想を取り除く努力をすべきです。コンクリートに覆われた豊洲市場に実害がないにも拘わらず、誤解に基づく妄想があるからと、移転を延期するのはバカげています。次は祈祷やお祓いでもやるしかないでしょう。

 豊洲への移転を問題化させ、その騒動を利用して人気を得、支持を集めた小池都知事ですが、その根拠が誤解に基づく不安だけということなら都知事は批判を免れないと思います。都議会は昔の罪を掘り起こす裁判所のようになり、移転遅れによる経済的損失だけでなく、議会本来の機能を麻痺させました。それは他の有用な政策の実現を妨げたことを意味します。この方、都知事として大丈夫なの、と思ってしまいます。

                                                                           2017/03/06

「顔」

 明るい顔・暗い顔、賢そうな顔・アホそうな顔、暖かい顔・冷たい顔、腹黒い顔・善良な顔、優しい顔・残酷な顔、気品のある顔・ない顔、意志の強い顔・弱い顔、攻撃的な顔・すぐに逃げそうな顔。厚かましい顔・謙虚な顔と、顔を形容する言葉は数多くあります。一方、見るだけで不愉快になる顔やその逆もあります。それらは私たちが他人の顔から様々な情報を得てきたことを示しています。

 つまり顔の形や表情の変化から我々は他人の精神的な特性を読み取っているわけです。それは恐らく、今まで経験した他人の顔と性格との関係を学習してきた結果なのだと思われます。しかし京都大学の正高信男教授らが学習経験のないチンパンジーや人間の3歳児を対象にした研究によると蛇を見て怖がるのはどうやら本能によるものであるそうです。これは特定の形に何らかの感情を呼び起こすようにプログラムされていることを意味します。ヘビを恐れることは本能によるものなのか学習によるものなのかの論争は19世紀から続いてきたそうですが、ひとつの結論が出たわけです。

 ホラー映画に出てくるような顔を怖いと認識するのは多くの人に共通することです。それは後天的な学習というより本能によるところが大きいのかもしれません。まあそれでも賢そうな顔や残酷そうな顔などという複雑な意味を認識するのは後天的な学習によるものだと思います。リンカーンの「男は40歳になれば自分の顔に責任を持たねばならない」、大宅荘一氏の「男の顔は履歴書」という言葉は顔と性格の関係性を前提にしたものと理解できます。

 人を評価するとき、我々は様々な要素を参考にします。身なり、言葉、経歴、顔、表情などですが、この中で顔だけは誤魔化しが困難です。立派なことを言う人だと感心したところ、あとでそれが本や新聞からののコピーであることがわかり、がっかりした経験があります。言葉による短時間の評価は危険です。また経歴は事実であってもその人の社会的な側面(外面)を評価するのに有効ですが、内面の評価にはあまり役立たないようです。ノーベル平和賞を受賞したマザーテレサは社会的には立派な人物ですが、サイコパスであり実は冷たい人間であったとする見方があります。

 トランプ大統領の顔はどうみても知性や気品があるようには見えません。最近、金王朝とも呼ばれる北朝鮮のロイヤルファミリーの面々がよく登場しますが、このロイヤルファミリーという言葉から想像される気品にはほど遠いように感じます。まあ政治家のの顔から謙虚さを感じることはめったにありません。私はいろんな顔を見てあれこれと想像を楽しんでいるのですが、鳩山元首相の顔だけはいくら観察してもわかりません。宇宙人と呼ばれる所以でしょう。

 顔による評価には精度という点ではちょっと頼りないところがあるものの、誤魔化しがききにくいだけに顔からの情報は貴重です。ただ気をつけたいことは観察がとくに有効なのは初期段階で、顔を見慣れるにしたがって得られる印象が他の要因のために変化することです。第一印象が重要視されるのはこんなところに理由があるのかもしれません。

 顔と性格の関係性に関心を持ち観察を続けていれば、ある程度は評価の精度も上がることと思います。顔のパターンと性格の関係を定式化した研究でもあればいいのですが、今のところ経験的な印象に頼るしかありません。将来、顔の画像分析が進んで、様々な性格が点数化されると面白いでしょうね。余談ですが、サイコパスというSF映画で、計測器が付いた銃を怪しい人物に向けるとその人物の「犯罪係数」が表示されるというのがありました。その数値によって即「処分」が決まるというわけです。ジョージ・オーウェルの管理社会のアニメ版にというところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                

 

管理人 岡田克敏
(京都市在住)